アラサー男の婚活カレンダー

アラサー男のパートナーエージェントでの婚活記録です。

15人目 ソーナンスさん

f:id:torasirao:20170717123007j:plain

 

ケーシィさん、サンドさん、イーブイさんと連続で交際中止にしてしまったため、交際中なのはスピアーさんのみという状況。

 

その中でファーストコンタクトを迎えました。

 

 

15戦目 ソーナンスさん

ソーナンスさんは24歳と若い方でした。これまで若い方とはなかなか話も弾まなかったのですが、今回はどうなのでしょうか?

 

初見の印象は、なんだか台湾風の顔立ち?(よくわからないけどw)で、今まで出会ってきた中では、濃いめのメイクと衣装でした。まあ、この年ごろの女の子だとこれが普通か。

 

仕事の話を聞くと、外勤などもしていて、「仕事が楽しい」と言っていてパワフルな印象を受けました。いずれ専業主婦になるんでも仕事にやりがいを感じている女性は魅力的だと思いますね。

 

ファーストコンタクト時には、お互いのプロフィールに書かれている趣味や好きなことの話題を振るのが常なのですが、「料理が得意」と書いていたので、そのことについて聞くと、

 

ソ「あんまり料理とかしないんですよw」

 

タ「そうなんですね…(^-^;」

 

まあ、たしかにプロフィールっていうのはいざ書くと、特別趣味でもないことを盛り込まなくちゃいけないことはあるけれど…

 

そう言われちゃうと、話が続けづらくなってしまいます。

 

ウソでもいいから話を膨らませて欲しい(笑)

 

たまにしかしなくても、「〇〇を作るのが上手くなりたいんです」とか「〇〇が作れるように美味しいお店に食べに行っています」とか答えようがあるのですが…。

(他の方も実はこういうパターンはけっこうありました…。)

 

結局、ソーナンスさん会話が単発で終わることが多くて、短めながらコンタクト終了。

 

人柄的には悪くなく、No回答にする理由はなかったのですが、Yes回答にする理由もなかったので、お断りしました。

 

 

というか、この時は少し疲れていたのかもしれません。(とても失礼ですが。)

これ以上、「様子見の交際を増やしたくない」、この考えが頭でいっぱいでした。

 

後悔はないですが、後々考えると、悪いことしたなーと感じています。

 

 

<今回の教訓>

・プロフィールに書いてある趣味や好きなことには話を膨らませられるようにちゃんと答えることがマナー。

・疲れを取り除いて、コンタクトには臨もう。

 

 

でわでわ。