アラサー男の婚活カレンダー

アラサー男のパートナーエージェントでの婚活記録です。

2回目 サンドさん 縮まらない距離感

f:id:torasirao:20170707213849j:plain

 

サンドさんとのメールでのやり取りは、仕事のような文脈で続けられていました。

 

 

torasirao.hatenadiary.jp

 

 

今回はデートに行って来たお話です。

 

2回目 サンドさん

正直、メールでのやり取りでサンドさんとの交際のモチベーションはだいぶ低下していました。

おそらく、パソコンのメールで返信していて、連絡もスムーズじゃないし、よそよそしい感じ。会う日程もファーストコンタクトの3週間後でした。

 

サンドさんは自分に対しての優先度が低いというよりは、これが婚活に対するスタンスなんでしょうねー。

 

実際に会ってみると、お互い緊張していて、口下手なので、前半は沈黙が多かった…。

 

距離感がね、縮まらないんですよね。

 

なんとか会話の糸口を見つけ出そうと話を振り、猫の話に食いついてきてくれました。そこから猫トーク。こうなるとサンドさんに気持ちよく喋ってもらえばよいので楽になりました。

 

でも、言葉が丁寧すぎるのが気になった…。見た目がストライクとかだとモチベーションが続くんでしょうが、やっぱりサンドさんは自分にとって堅くて距離を縮められないと感じました。

ちょっと早い気もしましたが、お見送りすることに決めました。

 

その後、コンシェルジュから電話があって、

 

「サンドさんはとても楽しかったと言っていましたよ、まだ会って2回目なので、もう少し様子をみてはどうですか?」と言われました。

 

なんだか、そういうの聞くと可哀そうになって、やっぱり取り消ししようとも思いましたが、他の方の婚活ブログを見てみると、1回目、2回目で微妙な人と成婚退会に至る例があまりないので、ここは心を鬼にして交際中止にしました。

先のこと考えると、微妙な人と会う回数重ねるよりかは新しい人に会っていった方が最終的には効率が良いと判断しました。

 

これで、交際はイーブイさん、スピアーさんの2人に。

 

 

個人的には、会って2回目、3回目から過去の恋愛のことや結婚する条件など、勇気を出して聞く必要があるなと感じました。これは男の役割ですよねー。

そこで価値観が違うのであれば、同じように切っていけばいいし、考え方とかが似ていれば、多少見た目が好みではなくとも交際を進めていけばよいと思うし…。

距離を縮める努力はしなきゃね。(恋愛や結婚の話をして距離が縮まるとは言えませんが。)

 

婚活は難しいですね…。

 

 

<今回の教訓>

もっと早い段階から恋愛や結婚の話をぶっこんでみよう。

 

 

でわでわ。