アラサー男の婚活カレンダー

アラサー男のパートナーエージェントでの婚活記録です。

14人目 ゼニガメさん

f:id:torasirao:20170707203708j:plain

 

14戦目 ゼニガメさん

 

今回のゼニガメさんはプロフィールの写真の印象は明るそうだなというイメージでした。ただ、ちょっと写真が盛ってそうという直感がありました。

 

実際にお会いしてみると、

 

 

やっぱり盛ってた…(*_ _)

 

 

直感は当たってました。なんだかんだ言って、最初のプロフィールの写真の印象が良いと会ってみても良い気がしますね。逆も然り。

 

話してみると、とても明るい人で笑顔を絶やさず、話すのがラクでした。

 

自分のことを話すのが好きな感じの人。終始ゼニガメさんに話をさせて、こちらは「うん、うん」と話を聞いていました。これを男性がやってしまうと疲れるなーと女性は思いそうですが、女性の場合はこれくらいの方が良いんですかね。

 

お互いの活動状況の話になり、

 

:「初めて同い年の人と会いました~、今まで年上の人しか紹介されていなくて…」

 

(へ~、そうなんだ~、やっぱり20代男の母数は少ないんですかね。年収では30代の男性には劣りますが、同年代の人と付き合いたいっていう女性には優位に立てるかも。)

 

:「なんでこういうところで活動しようと思ったんですか?」

 

(「付き合っていた彼女と別れて、次に付き合う人とは結婚を考えたいから

」とは言えなかった。)

 

なんというか、お互いの恋バナ話すのは良いと思うけど、あまり最初の段階から婚活状況を話してしまうと「二人婚活オフ会」みたくなるので、ちょっと萎えてしまいました…。

 

それに、顔がタイプじゃなかったんです。顔の大きさに対する体のバランスがね…←失礼だなオイ!

自分は面食いなんですかね。。

 

でも、キスしたり、ハグしたり、そういうことするって考えるとこの人は違うかなーと思いました。活動も進んできて、様子見の交際をなるべくなくしていきたいので厳しめにNo回答をしました。

 

次の日に、担当のコンシェルジュから電話が…。

 

:「昨日のゼニガメさんなんですけど、Yes回答になっているんですけど、お気持ちはかわりませんか?」

 

あんまり、担当のコンシェルジュは相手が好印象なので~とかYes回答だから~とかの懐柔はしなかったんですが、今回初めて諭されました。

 

けれど、交際している人と比べてもイマイチと感じたので、お断りしました。

 

 

<今回の教訓>

・プロフィール写真を見ての直感は割と当たる。

・お互いの婚活状況は最初の段階から話をすると「婚活オフ会」みたいになる。

 

でわでわ。